ハヤのそらね

きっと、その光は手に入る。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東方風神録聖地巡礼記 二

東方風神録聖地巡礼記



御射山社から諏訪の地へ。
カーナビの指定したルートが本宮前を通るルートだったのですが
とりあえず事前に決めていたルートに従い諏訪市博物館へ。

10:30
諏訪市博物館
30490

地図がもらえるということで行きましたが
予習としても良かったです。
館内撮影禁止なので資料は記憶するしかないのが痛いところ。

御柱祭の資料もあったのですが、
ここで入った新しい情報は大祝が宗教的存在であるだけでなく
政治面でも表に立っていたこと。祭政一致です。

ほかの新情報としては
諏訪の歴史に武田家が影響しているということ。
このあとの旅程で大祝や武田氏の史料を目にしたので
復習として行っても良かったかも。

博物館にデミ男を止めておいて徒歩で移動。

11:15
大祝邸
30550

一応駐車場はありましたが使われてる様子は無し。
元は前宮付近の神殿(ごうどの)にあったのですが、
信長の侵攻時に焼失、その後移転したそうです。
かつては武家屋敷でしたが
その名残として残っているのは門だけです。
とはいえ敷地内には小さな神社や祠があり、
それらの周囲にちゃんと御柱が立っていました。

博物館に戻ってデミ男に乗り、本宮へ
参道の土産物屋の駐車場に停めます。駐車場はほぼいっぱいでした。
表参道は結構な賑わい。

いざ、諏訪の信仰の中心へ。

つづきます
関連記事

| 旅行 | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorane880.blog47.fc2.com/tb.php/10-5d82955f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT