ハヤのそらね

きっと、その光は手に入る。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『放課後のプレアデス』#9「プラネタリウムランデブー」観測

アニメ『放課後のプレアデス』の感想記事です。
ただし、あまり感想を書くのが得意ではないので、星や宇宙をテーマにしたPCゲーム『星空のメモリア』『アストラエアの白き永遠』が好きなにわか天文ファンとして気になった点を観測していこうかと思います。

・こぐま座のヘッドライト
2015060600002
先週の1件からななことすばるが星好きの同士として仲良くなったのか

・覗き
2015060600003
真っ先に提案したのはまさかのいつき。
その後も常識的な判断をしつつも、やっぱり気になって眠れない。
2015060600012
すばるのナレーションの相談相手でもあり、5人の中で一番ませていてお姉さん的なポジション。

・かけら
2015060600004
12個が1つ増えて13個。黄道十二星座が連想されるが。
このかけらの形は星座のマークとは違う。

・みなとの魔法
2015060600006
光の速さを超えることもない、宇宙で息ができるはずもない。
実際にここにいるわけでなく、どこにもいない。
すばるたちの魔法も、つまり実際にその場に行っているのではなく、情報だけをそこに刻みつけているということか

・アンドロメダ銀河
アンドロメダ銀河は秒速122㎞で天の川銀河に接近していて、40億年以内には衝突すると考えられている。
即座に出てくるあたり相変わらずすばるの天文知識が深い。

・プレアデス星団
2015060600007
和名はすばる。タイトル回収。

・星空のメモリア
2015060600008
子供の頃に出会った星の好きな病弱な異性と時を経て再会。
2015060600000
ぽわ~む

・赤色超巨星ベテルギウス
2015060600009
末永く超新星爆発しろ
2015060600010

・さよなら
2015060600011
やっぱり角マントなのか




すばるとみなとの関係を丁寧に描写した回。
プラネタリウムづくりを通しての交流、二人の宇宙旅行。
そして子どもの頃の思い出。星を通じて交流した二人が星に導かれて再開する。
星メモを思い出さずに入られませんでした。
これですばるとみなとが惹かれ合う理由が明らかになりました。
それまでの話で少しづつ近づいた二人の絆が結ばれる様子は宇宙の映像と合わせてとてもロマンチックでした。
こうした描写がとても丁寧で優しく表現されていて、ここまでこのアニメを見続けて良かったと確信しました。
そしてそこからの急転。みなとと角マントの関係は。
以前、庭園で二人が同時に存在しましたが、やはり同一人物ということになるのでしょうか。桑島法子さんが幼少時も含めて実質一人三役を見事に演じていました。
前期のローリングガールズもそうでしたが、後半になるにつれ盛り上がる作品に当たると嬉しいです。特に今季はプレアデスだと思って追いかけていたので。
関連記事

| アニメ | 00:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorane880.blog47.fc2.com/tb.php/1001-7938bab9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT