ハヤのそらね

きっと、その光は手に入る。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋に咲く十年桜

折角なので前回に続いて『サクラノ詩』の話です。




『サクラノ詩』の当初の発売予定は2004年でした。
昨今多くのPCゲームメーカーが10周年を迎えていますがそれらのメーカーが一気に参入したのがこの頃です。
それはつまりPCゲーム業界がそれだけ活気にあふれていた時期ということです。

当時はまだDVDが普及しておらず、雑誌ではDVDを再生する方法がわざわざ紹介されていたりしました。
今の感覚では全く信じられないかもしれませんが。
そしてDVDの普及によりPCゲームのボリュームも大容量になっていきました。
これが2000年代後半ぐらいでしょうか。

しかし今やPCゲーム業界が危機的状況にあることは多くのユーザーが認識していることでしょう。
実態が掴みにくい業界ではありますが各メディアを通してそれは伝わってきます。

ゲームのボリュームはどんどん大きくなっていき、テキストの容量がMBの単位で測られるようになりました。
追い風が吹いていたころはボリュームのあるものこそ歓迎されていたかと思いますが、今やその大作主義が作る側にもプレイする側にも負担となってきているのも事実でしょう。メーカーには常に相当のボリュームが要求され、かといってユーザーも何十時間もかかるゲームをコンスタントに毎月プレイできる余裕もない。

そんな中、今年ヒットしたPCゲームは『カスタムメイド3D2』『妹のセイイキ』が挙げられます。
勿論数字としてはこれらよりも多く売れたゲームもあるでしょうが、それらはメーカーの実力からするとある程度予想通りであり、その予想を上回ってヒットしたと言っていいのがこの2作です。
どちらも特徴としては斬新な販売手法やシステムが話題を呼びました。

これらのことから推測するに、今はスマホのゲームに代表されるようなプレイ時間の短いゲームにユーザーが馴れ、ボリュームのあるゲームよりも 受け入れられやすくなっているのではないか、ということです。
というのも正にPCゲームを制作している人がイベントで「PCゲームをしていてもスマホゲーのイベントですぐ中断してしまう」といったことを語っていたからです。
スマホゲーの流行により、ユーザーのプレイ時間の感覚が変化し、シナリオの長大化という発展を遂げてきたPCゲームはその影響でいよいよ斜陽の時を迎えているのかもしれません。

そんな中で発売される『サクラノ詩』は、恐らく相当なボリュームであり、シナリオを重視してきたPCゲームの1つの到達点となるかと思います。
そして10年もの間発売されなかったことで多くのユーザーの関心を集め、今年最もヒットする作品となることが有力視されています。
この作品を購入する人の中にはしばらくPCゲームから離れていた人が本当に発売されるならば、と久しぶりにPCゲームをプレイする、という人も多いかと思います。

懸念するのは、そういった人も含めて前述したような短いサイクルのゲームになれたユーザーが果たして今作のボリュームに耐えられるのかということです。少なからずの人がシナリオの長さにリタイアしてしまう可能性があるのでは無いかという不安があります。

これもイベントで聞いた話になるのですが、「今度はBlu-rayでPCゲームを出す」と冗談か本気か分かりませんがそう言う話題もあるそうです。
が、『サクラノ詩』がそのシナリオの長さを理由に評価されなかった場合、他社が今後これ以上にボリュームの大きい作品を作ることに躊躇することが想像されます。
時代とともに巨大化していったPCゲームが、今後どういった方向を向くべきか、『サクラノ詩』はその方向性を左右する分岐点になるかもしれません。

10年の間PCゲーム業界の隆盛を見つめてきたサクラの蕾はどんな花を咲かせるのでしょうか。




関連記事

| PCゲーム | 22:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

素晴らしき日々がいろとりどりのヒカリの次に好きなゲームなので、サクラノ詩をプレイするために今年は頑張ってました。
終ノ空は正直素晴らしき日々で代用できると思ったので、二重影からコトバの消えた日までをひたすらプレイ。
明日買いに行くのが楽しみです。

| けy | 2015/10/23 22:57 | URL |

Re: タイトルなし

> けyさん
コメントありがとうございます。
発売を心待ちにしていた人はたくさんいるでしょうね。
私はケロQ・枕とはあまり縁がないので見送りましたが、どういう評価になるのかは大変気になります。

| ハヤ | 2015/10/24 22:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorane880.blog47.fc2.com/tb.php/1068-9f89f2a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT