ハヤのそらね

きっと、その光は手に入る。

アストラエアの白き永遠 Finale -白き星の夢- 応援中!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2009秋東方巡礼記 三

2009秋東方巡礼記


信貴山のつづきです。

13:25
本堂に入ります。人の写ってる写真しかないので外観の写真はカット。

本堂の舞台から見た奈良の街。
35260

本堂で朱印を頂きます。
種類が多数あった(7,8種類)のですがやはり星蓮船と言えばこれだろ、ということで。
フライングファンタスティカ・空鉢(くうはつ)護法のご朱印です。
37630

ちなみに右は法華寺のご朱印です。

空鉢護法とは(以下、信貴山の解説を要約)
命蓮上人が龍王の教えを蒙り鉄鉢を飛ばしたことに由来し、山頂に龍王の祠を建て、その守り本尊として「空鉢護法」を祀った。
俗に「みー(巳)さん」と呼ばれる。

本堂を降りたところに霊宝館があります。
信貴山縁起絵巻(復元)を見ることができます。ついでにガイドブックも購入。

13:45
本堂からさらに奥に進み、山の頂上にある空鉢堂を目指します。
空鉢護法のところにあった山頂の祠です。
35340

杖を片手につづら折りの山道を登ります。
片道20分ほどです。
結構きつい……あと馴れてない人が杖を使うとかえって疲れる。

空鉢堂。正面に絵馬堂があるため横からのアングル。
35330

頂上からの景色。
35320

参道を降り、山の西側へ行き、命蓮さんのお墓へ。
35350

非常にひっそりしています。
一気に山を降ります。

14:45
駐車場に到着。信貴山を後にします。
昼食込みで、結局2時間以上いた計算になります。
おそらく、空鉢堂に行くか行かないかでだいぶ変わるかと。

おまけ
貼ってあったポスター
じわじわ見てると怖くなってきます。
クリック非推奨。
34950


参考サイト
信貴山縁起

東方元ネタwiki(星蓮船と信貴山縁起の関連など)

関連記事

| 旅行 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorane880.blog47.fc2.com/tb.php/109-e3e03973

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT