ハヤのそらね

きっと、その光は手に入る。

アストラエアの白き永遠 Finale -白き星の夢- 応援中!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「Windmill Live 2016」に参加してきました。

2016年6月11日、品川ステラボールで開催された「Windmill Live 2016」に参加してきました。


ういんどみる15周年を記念しての初めてのライブイベント。
私にとってういんどみるは『はぴねす!』で美少女ゲームにハマるきっかけとなったメーカーでもあり思い入れのあるメーカーの1つです。

開場の1時間前に会場に着き、物販へ。
ライブTシャツはグリーンが完売、ヒロインのフルグラも『結い橋』のまつりを残すのみとなっていました。
2016061100001

ピンズガチャは2回回して春姫とあやりでした。
2016061100002


今回、整理番号が200番以内とかなり前のほうだったおかげで、前の方で鑑賞できました。

ライブは第1作『結い橋』より「Presious flap」で始まり、ある程度ういんどみる作品の歴史をたどる形で進行しました。

そしてライブが進むごとにこのライブはういんどみるの歴史を振り返るライブであると同時にElements Gardenの歴史であり、今年で引退を表明している佐藤ひろ美さんの歴史を振り返るライブであるという色が濃くなっていきました。
『はぴねす!』のOP曲「ZERO」でElements Gardenの楽曲を初めて歌ったという佐藤ひろ美さんですが、その後歌手としてだけでなく作詞家としても何曲ものういんどみる作品の歌を生み出した佐藤さんの、集大成となるライブといってもよかったのではないでしょうか。
特にラストの「ZERO」は途中から榊原ゆいさんとのダブルボーカルになり、これはもう永久保存版として世に残すべき奇跡の瞬間ではないかと思いました。

やはり全体を通して盛り上がったのは『はぴねす!』と『祝福のカンパネラ』の主題歌の時だったと思います。
「ZERO」はもちろん、お祭りのように騒ぎまくる「はぴでい♪」「祝祭のカンパネラ」、そしてアンコール1曲目の「祝福のカンパネラ」は、私も一番どみる作品にハマっていた時期の歌のため、感動しながら聞いていました。
それ以外では『Hyper→Highspeed→Genius』『HHG 女神の終焉』のOP2曲もライブでの迫力が凄まじかったです。今回のライブではあまりサイリウムの色は統一されていなかったのですが、、この作品はカラーが明確に黄色と決まっているので客席のサイリウムも黄色で埋め尽くされ、眩しいステージになっていました。
また、2010年に亡くなった笶田みこさんの「たからもの」を歌う場面も、佐藤ひろ美さんと真優さんが思い出話で場を盛り上げ、しんみりしすぎず、笑顔で楽しく合唱できる雰囲気になっていました。
あとはやはり新田恵海さんの出演の際には大きな声援が上がっていて、今の人気というものを実感しました。
MCは歴代作品から成瀬未亜さん、安玖深音さん、榊原ゆいさん担当のキャラが進行しました。
最後はトルティア姉妹がオチを付けて閉幕となりました。
アンコール2曲目、ライブの最後を飾ったのは『Witch's Garden』出演できなかった飛蘭さんにかわり出演アーティスト全員での歌唱となり、大盛り上がりでライブは終わりました。
改めて聞くとういんどみる作品の歌は楽しく盛り上がれる曲がたくさんあり、3時間半のライブでしたが、あっという間でした。

最後に
全く個人的な話ですが、NANAさんが「神がかりクロスハート!」の紹介をしてイントロが流れた瞬間、4年前に動画を作っていた時のことを思い出して、身悶えしていました。
関連記事

| PCゲーム | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorane880.blog47.fc2.com/tb.php/1116-9775c0c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT