ハヤのそらね

きっと、その光は手に入る。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東方風神録聖地巡礼記 五

東方風神録聖地巡礼記



13:30
神長官守矢資料館

まずは入って左手

祈祷殿
31027

神長官家の祭儀は一子相伝の口伝で伝えられました。
秘術「一子相伝の弾幕」です。
でもその祭儀も途絶えてしまい今や
秘術「忘却の祭儀」となってしまいました。

資料館
31028

武田強化月間中。つい先日の天地人で滅亡しちゃいましたが。
スリッパに履き替えて資料館の中に入ります。
靴を脱いでいたら鐘に頭をぶつけました。痛い。

館内の展示は御頭祭の再現がメイン。
串刺しの白兎や鹿や猪の頭部、上社七不思議「高野の耳裂鹿」などです。

また、企画展では武田家の古文書が展示されていました。

御頭御射宮司総社
31029
ミシャグジ様の総本社です。
このミシャグジ神もなぞの多い存在。

守矢資料館外観。2回は収蔵庫とのこと。
31031

この後諏訪七石「小袋石」のある磯並社まで行こうかとも思いましたが
資料館にあった地図を見たら結構距離が。

今日中にできる限りの場所を巡りたいので、
今回はカットすることにして前宮のデミ男のところへ。

デミ男で再び諏訪市博物館に戻って向かいの
こだわり横丁で昼食。
そばを頼んだけどたぶんこれ信州そばじゃないね。

ここからは16号を北上します。
途中に諏訪七石「蛙石」があったはずですが見つからなかったので断念。
諏訪市から岡谷市に入ったところでようやく諏訪湖が見えてきます。

つづきます
関連記事

| 旅行 | 12:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorane880.blog47.fc2.com/tb.php/13-086884b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT