ハヤのそらね

きっと、その光は手に入る。

アストラエアの白き永遠 Finale -白き星の夢- 応援中!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【東方舞台探訪】2010 遠野幻想紀行 三

遠野幻想紀行

三 恐怖の電話 後編

この辺で釜石線の駅はエスペラント語の別名が付いてるんだ?という話題が出ましたが、ゲーム世界に逃避していたので右から左へスルー。そんなん知らん。

えー、親切なおばあさんが説明してくれたのですが、宮沢賢治が作品中にエスペラント語の単語をよく登場させたことから、各駅にエスペラント語による愛称が付けられている。

とのこと。

15:45
遠野駅着
000033


着いた……
とはいえ電話があってからずっと「万が一呼び出し喰らったらどうしよう」ということばかり考えていて完全に浮き足立っています。

電話がいつ鳴るか怯えつつ、とにかく今日中に一箇所行っておきたい所があるので情緒不安定なまま、遠野の町を歩きます。

駅から中央通りをまっすぐ進むと小さな山、鍋倉山が見えてきます。
少し登ったところにあるのが「遠野市立博物館」です。

16:10
000036

遠野物語百周年ということで4月24日にリニューアルしたばかりです。
ということで、展示物、スクリーンなど真新しい物ばかりです。

と、中に入ったところで上司からの電話!

問題解決!!

イヤッッホォォォオオォオウ!

さて、懸念材料がなくなって一安心。やっと落ち着いて見学ができます。

1階はかつての遠野の"山"、"里"、"町"をジオラマなどで伝えるコーナーと、柳田國男をはじめとする遠野物語ゆかりの人々についての展示コーナーなどがあります。

そして2階ではアニメ「遠野物語の世界」が上映されています。
我々が見たのは水木しげるの遠野物語「オシラサマ」と「河童淵」の話でした。
オシラサマの話はちゃんと全年齢対象になっているから子供が見ても大丈夫ですよ!


関連リンク
釜石線

遠野市立博物館


遠野旅行記まとめ
関連記事

| 旅行 | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorane880.blog47.fc2.com/tb.php/237-a64e0fde

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT