ハヤのそらね

きっと、その光は手に入る。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014年7月7日

2014年。星空のメモリアと巡りあって4回目の七夕です。
誕生日おめでとう。メア。

そして今年の七夕動画はコチラ。

ということで、今年は前年のバカバカまとめと並行で作成した『星空のメモリア』BGM使用回数ランキングです。
そして動画の説明文は、『SOMETHING DREAMSマルチメディアカウントダウン』のパロです。
少し前に言いましたね。伏線だと。
完全に若い人を殺しに行っています。
で、本当は明日歩には動画の説明をしてもらう予定だったのですが、文字数制限により出番がバッサリ無くなってしまいました。不遇!
ということで、ノーカット版をあらためて
こもも「みなさん、おこんばんは。姉の姫榊こももです」
こさめ「みなさん、おこんばんは。妹の姫榊こさめです」
千波「蒼ちゃん蒼ちゃん、千波とアイドルデビューしよっ!ユニットの名前は”ややまな板娘”略して”やまな娘。”だよっ!」
衣鈴「千波さんを、ぐりぐりの部屋へご招待~」
鈴葉「ファーストシングルは『もうひとりの千波』がいいと思います!」
レン「セカンドシングルは『恋の死神舞い降りて』でお願いします。クスクス……」
明日歩「あれ、あたしの出番は?……これを読む?えーと、この動画は皆さんからのリクエストを中心にマルチコンピューターが独自に決定した……わけではなく、うp主さんが自分の耳を頼りに『星空のメモリア』ゲーム内のBGM使用回数をカウントしてランキングにした動画です。あなたの好きなBGMは一体何位にランキングされているのでしょう……って説明だけ!?むー!」
洋「なんだか騒がしくなっちゃったな。ともあれ、誕生日おめでとう、メア」
メア「……今日のみんなはバカバカね」
夢「ところで、この動画を投稿したのは木曜日だよ。うん、木曜日」

ということで、明日歩ちゃんに説明してもらいましたが集計方法は完全にアナログ、自分の耳だけを頼りにカウントしています。一応1年かけて精査していますが、絶対に正しいかは保証しません。

それでは、以下はランキングの解説となります。
ランキングのネタバレとなりますので先に動画を見ていただいたほうがいいと思います。

ではあらためて、回数と順位を詳しく振り返っていきます。
同数の場合は前後のつながり重視です。厳密にサントラの曲順にしようかとも思いましたが、聞き心地重視で。

それでは下位から見て行きましょう。

**********

44位
同数で1回だけの曲が4曲
「真夏はふぇすてぃばる!」「巫女舞」
8月7日の星天宮の夏祭りでだけ使われています。まぁこの日以外に使いようがなかったわけですからね。夏祭りのCGは星メモの方でちょうどいいのがなかったのでEHの夢との夏祭りシーンで代用。
「Prelude~Memoria~」
タイトル画面のBGMですが、劇中のどこで使われたか、というと7月12日。天文部のカレイドオルゴールが天クルに持ち込まれた時です。このオルゴールの曲は「星の夢」のはずですが、この時点でそれを明かせない、ということでこの曲が使用されたのではないでしょうか。
「丘の上で」
これがどこで使われたかわかった人はすごいです。
7月9日、洋が記憶喪失について思考する場面で使われたのが最初で最後です。どうしてここだけなのか。……謎です。そして当然該当する場面に対応するCGがなかったので回想の中の展望台の背景にしました。

39位
同数で2曲。3回。
「Horrible sidht」
これはどの場面かわかりやすいでしょう。"展望台巫女薙刀事件"、ですね。8月13日に雪菜がメアを送り還そうとした時の1回と、8月16日、こさめと洋がバトルした時に2回です。
「星空のメモリア(orgel)」
これはもう物語の佳境の場面で使われるBGMですから、使用回数が少ないのは当然ですね。1回は衣鈴シナリオ、残り2回は夢シナリオの終盤で使用されています。
衣鈴シナリオの1回は、オルゴールを直していて眠ってしまった千波をレンが見守るシーン。夢シナリオでは病室で目を覚ました夢と千尋が会話するシーン。そして、生まれ直す未来を待ち眠るメア。
こうして並べると、現実と夢幻が交差する場面、と言えばいいのでしょうか。そんな時に使われているような気がします。

37位
同数で2曲。4回。
「ふたりの未来」
最初に使われるのが洋が天クルに入部するのを決意する7月10日。明日歩のイベントCGと相まって共通シナリオでも特に印象に残る場面ではないでしょうか。他には衣鈴シナリオの科学館のプラネタリウムでの告白シーンなどがあります。
「星の夢~Gathering the stars of love~(Arrange)」
この曲は全て歌澄が関わる場面で使用されています。共通シナリオ8月13日。お墓参りの代わりとして歌澄の写真に千波が語りかける場面。千波シナリオで悪夢を送り還された千波を詩乃が歌澄の声に背を押されて抱きしめる場面、大河が歌澄との想い出を回想する場面。そして、1年と3ヶ月後。洋を家族の光が届く地へ運ぶ場面。
曲を聞くだけで、泣けます。

34位
同数で3曲。5回。
「同じ星に生まれて」
7月7日、洋が悪夢を刈られるシーンのBGMとして強く印象に残っている人が多いでしょう。他には同じように衣鈴の悪夢を刈り取るシーンで使用されています。そして、1年と3ヶ月後、夢と再会した時にも使われています。メアと出会い、夢を失うシーンと、メアを失い、夢と再会したシーンで使われているわけです。
「指先を重ねて」
エッチシーンのBGMその2ですね。5回全て2回目以降のエッチシーンで使用されているので回数は少ないです。
「まつろわぬ少女」
意外と少ない印象。メアが死神として姿を見せた時に使用されています。共通シナリオだと7月4日と7月7日の洋とのシーン、8月13日の雪菜とのシーン。明日歩シナリオ9月22日、洋の悪夢を再び刈り取ろうとするシーン。そして、夢シナリオ12月2日、夢の病室に現れるシーン。

32位
同数で2曲、7回。
「星影」
これはなんとなく他のBGMと毛色が違う気がする曲です。共通シナリオ7月15日、千波と鈴葉がよりそって寝ている場面で最初に使用されています。それ以外は実は全て衣鈴シナリオ内です。なにげに衣鈴専用のBGMということに?
「微笑に魅せられて」
うーぶり屋でよく聴く気がしますが、ゲーム内ではこの回数です。海に行った時や、明日歩、千波とのデートの際に使用されています。

28位
同数で4曲。8回。
「目覚め」
共通シナリオで3回。個別シナリオで5回。曲名のとおり、朝のBGMとして使われることが多いです。CGでは千波のイベントCGを選択しましたが、正確にはこのCGのシーンでは使用されず、この場面の後でで使われています。
「innocent love」
HシーンBGMその1。1回目のエッチシーンで使われているのでこちらの方が回数が多くなります。
「星の夢~Gathering the stars of love~(Orgel)」
千波シナリオのキーとなるオルゴールの音色です。使用されているのも千波のシーンばかりになります。プレイ順的には明日歩シナリオで千波が洋と明日歩のことを祝福するシーンが最初になるでしょうか。
そして千波シナリオで5回。また、こさめシナリオのラストで夢の中で歌澄と会話するシーンのBGMもこれです。前述した「星の夢~Gathering the stars of love~(Arrange)」と同じ使われ方ですね。最後の1回は星メモシナリオで岡泉先輩がカレイドオルゴールを持ってきた時です。
「星空のメモリア(Arrange)」
明日歩・こもも・こさめ・衣鈴・千波のシナリオで1回づつ、どれも終盤の大事な場面です。そして星メモシナリオで展望台で夢に七夕伝説を語る場面と告白する場面。そして最後に、メアシナリオ最終日『星空のメモリア』の物語のフィナーレで流れるのが、この曲です。

27位
9回
「迷い星」
共通シナリオで6回。こももシナリオで2回。こさめシナリオで1回。雪菜やこさめ、星天宮関係の不穏な場面で使われている感じでしょうか。

26位
12回
「真冬の蛍」
12回中共通シナリオで4回、明日歩シナリオで4回使用されています。洋と明日歩がすれ違っている時や、明日歩とマスターが喧嘩中の場面で使用されています。ちょうどいいCGがなかったので洋と明日歩のすれ違いの原因となった短冊にしました。

25位
14回
「星天宮の庭で」
星天宮のBGMです。こももシナリオで6回。こさめシナリオで4回。その他のシナリオでも、当然星天宮の場面だけでしか使われていません。この上なく分かりやすいですね。

24位
16回
「小さくも強き心」
最初に使われる場面が共通シナリオの7月12日、メアを抱きしめるシーンです。共通シナリオの7月16日、初めてメアの頭をなでた時のBGMもこれです。
メアの曲という印象が強いという人が多いかもしれないですが、実際10回がメアが関わるシーンです。
明日歩の悪夢を刈り取る場面や、こさめを送り還そうとする場面など、重要なシーンが多いです。

21位
同数で3曲。17回。
「ゆめ」
タイトルの通り、共通シナリオで洋が夢を探し求める場面、それと回想シーンで使われています。これが7回。そして共通シナリオの7月10日を最後に以降しばらく使用されず、次に使用されるのは星メモシナリオの開始場面の9月3日。最後のシナリオの始まり、夢との再会を予感させる曲です。
「Eternal recurrence(Arrange)」
「南天の星空を見せてください」
「その願い、叶えるよ」
共通シナリオ7月20日。衣鈴に手作りのプラネタリウムで南天の星空を見せる場面でのこの曲は、「ふたりの未来」と並ぶ共通シナリオのハイライトだと思います。
その他の場面も、まさに泣き所という場面でばかり使われていますね。星メモシナリオ以降で8回。夢からの手紙を読む場面、メアを送り還す場面。
……もう泣くしかないです。
「星空に誓う」
「死神は、雲雀ヶ崎の星空が、好きだから……」
最初に使用されるシーンはメアから天クルの入部届を受け取る場面です。
そして何より、エンディング曲の印象が強い人が多いと思います。エンディングテーマの「星の夢」に入る前や、その後のエピローグで使用されています。何より、夢シナリオのラスト、家族で七夕の星空を見上げる場面、大団円を飾る曲ですね。

**********

以上、21位まででした。ここまでの傾向としてはクライマックス向けのBGMは使用回数が少ない、というまぁ当たり前の結果が数字として出ています。となると上位の曲は日常系のBGMが来ると予想できるわけです。
それでは20位から1位。

**********

20位
21回
「白昼夢」
共通シナリオで3回。全てが夢とニアミスする時に使われ、星メモシナリオで5回。夢を捜し、会いに行く場面で使われています。そういう点では曲名の通り"夢"が絡む場面のBGMとなりますが、実はこももシナリオで7回使用されてたりします。こちらは主に回想シーンです。

18位
同数で2曲。22回
「そらの彼方に」
17回が共通シナリオで使用されています。主に夜、星見の場面が主です。
この曲はむしろ、ラジオうーぶり屋の「星に願いを!」のコーナーのテーマ曲としておなじみなのでは。
「水面の月」
こちらも14回が共通シナリオと共通部分の割り合いが多いです。ほとんどが展望台でのメアとのシーンで、タイトルの通り水面の月のように掴めない、そんな時のメアの曲ということでしょうか。
で、CGですが「まつろわぬ少女」と似たような場面なので迷いました。個別シナリオで3回と最多のこももシナリオで、7年前の隕石の話をした際と、メアが過去こももかこさめの悪夢を刈ったと話すシーンで使用されたのでこのCGに。

17位
23回
「恋水」
共通シナリオでは3回のみ。そして最多はこももシナリオの8回です。特にこももが悪夢を見た際に使用されることが多いです。CGはちょっと違う場面です。実際にこのシーンで使われているBGMは「Eternal recurrence(Arrange)」です。
個人的には衣鈴シナリオで孤独になってしまった衣鈴の悲痛なシーンで使用されたのが印象的です。

16位
28回
「秋黴雨」
共通シナリオで9回、他のシナリオでも満遍なく使用されています。読みは「あきついり」黴雨というのが梅雨の別の書き方で、秋の長雨のことをこう呼ぶそうです。こももシナリオの回想で使用されたのでCGはこれに。ちょうどこもも・こさめのCGが続いていたので。

15位
29回
「Unidentified Flying Object」
共通シナリオ20回。主にこももが天クルの活動に乱入してきた時に使用されています。後は、岡泉凍土先輩が登場する時のBGMにもなっています。CGはそんなわけで場面違いですが明日歩VSこもものイメージのCGで決定。

14位
34回
「乙女たちの放課後」
共通シナリオ12回。曲名通り、放課後の天クル活動やミルキーウェイのシーンなど、賑やかな場面での使用が目立ちます。千波シナリオではCGとして採用した千波とバイトをする時に3回使用されていました。

13位
36回
「テンポアップ」
ギャグシーンのBGMということで共通シナリオで22回。星メモシナリオでは0回という分かりやすい数字が出ています。思ったより少ないかも。特にCGとして使用したこさめの百合行為と、岡泉先輩が「イィィィヤッッッッッホオオオゥゥゥゥゥ!」する時のイメージが特に強いですね。

12位
38回
「日曜日」
共通シナリオで26回。それも7月5日から7日までに12回も使用されているという極端な数字が。特に、詩乃さんのシーンで使われている感じがあります。こちらも星メモシナリオでの使用回数は0回です。
CGの選択ですが、共通シナリオで展望台で倒れた千波を明日歩、姫榊姉妹が見舞うシーンで使用されので、採用した蒼姉妹のお見舞いの時は別の曲なんですけど、まぁ日曜日っぽい絵ということでこのCGになりました。

11位
39回
「憂愁の闇」
不安な空気のBGM。共通シナリオで14回。こさめシナリオで8回。こももシナリオで7回。雪菜先輩が絡むシーンが多いです。こさめシナリオ内で伊麻を発見した時のBGMでもあります。なのでイベントCGはEHからその場面のCG持ってきました。

10位
40回
「Happy☆Happy SchoolLife」
「乙女たちの放課後」と使いどころは同じ感じです。共通シナリオ16回。次に多いのが衣鈴シナリオの10回です。CGとして採用した昼休みに衣鈴を餌付けするシーンなどで使われています。その他にはミルキーウェイの場面が多いです。

9位
41回
「小春日和」
癒し系のBGM。調べてわかったのは共通シナリオ14回のうち、選択肢が出た時が5回だったということ。当然最多です。また、明日歩と千波のエピローグ、最後のBGMにもなっています。CGで採用したメアが洋のおでこにキスする場面でも。
物語全編を通して心温まるいい場面で使われているBGMといっていいでしょう。

8位
43回
「坂道」
23回が共通シナリオです。日常系BGM。タイトル通り、夢見坂でよく使われている印象です。通学時、放課後、夜の展望台までの移動での時ですね。CGとして採用したこさめシナリオで1日限定の恋人として初デートをする時のBGMもこの曲です。

6位
同数で2曲。45回
「Whisper...」
ホラー風味?のBGM。共通シナリオ27回、千波シナリオ10回。特に目立つのが夜、学園に忍び込む場面。ということで、CGはやっぱり明日歩のあの場面で。
「Mysterious Dream」
こちらはミステリー風味?のBGM。共通シナリオ19回。次にこももシナリオの12回。こももシナリオではこももの夢やこさめのことに触れる時に良く使用されています。こさめシナリオ内では3回のみですが、こさめに関わる場面での使用が多いということで、こさめのCGに。
しかし、こさめさんはおっぱい出してるイベントCGが多くて色々と大変なんですよ(汗

5位
46回
「日だまりキャンパス」
共通シナリオで21回。その他、各ヒロインのシナリオでも満遍なく使用されています。「乙女たちの放課後」「Happy☆Happy SchoolLife」とこの3曲が昼休み、放課後、天クルの活動シーンで使用されている感じです。ということでミルキーウェイでのCGを。

4位
51回
「真夜中の展望台」
共通シナリオの6回のうち全てがメアとの会話シーンです。そして星メモシナリオでは23回も使われています。やはりほとんどがメアのシーンで残りが夢のシーン。タイトル通りメアのBGM。
と思いきや、衣鈴シナリオ内で16回も使われています。

3位
55回
「葉漏れ日」
共通シナリオ5回。それ以外は各ヒロインのシナリオでヒロインと過ごす時のBGMとして数多く使用されています。個別シナリオで数字が伸びたBGMですね。穏やかなデート用BGM。
当初CGは明日歩とのデートの場面のものでしたが、いやこれは七夕の動画だし、ということでEHでのメアとのデートのイベントCGになりました。不遇。

2位
61回
「千波ism!」
残念、千波は2位でした。当然ながら千波のBGMです。共通シナリオで41回。その内7月5日から7月7日までの3日間でなんと21回も使用されています。星メモの序盤の千波のウザさがこれで分かるかと思います。
で、千波本人のシナリオ内では7回だけだったりします。

1位
180回
「天然少女」
圧倒的使用回数で1位。共通シナリオだけで93回。もう逆に使われていない日を探すほうが難しいというレベルです。序盤、中盤、終盤と余すところなく使用されています。
もう共通シナリオの集計時点でこのBGMが圧倒的でランキング的に面白くなるのか?と思ってしまいました。
最後は当然、メアと洋のCG。

**********

ということで、『星空のメモリア』BGM使用回数ランキング解説でした。
曲によって主に共通シナリオで使われたもの、個別シナリオで使用されたもの、そして満遍なく使用されたもの、といろいろありました。

余談ですが、動画の説明で曲名は「星空のメモリア サウンドコレクション準拠」と書きましたが、何故わざわざ書いたかというと、ゲーム内のサウンドモードとCDとで曲名が違うものがあるんですよね。
左がゲーム内のサウンドモードでのタイトル。右がサントラのタイトルです。
「丘の上で二人」→「丘の上で」
「星降る夜」→「真夜中の展望台」
「星空の誓う」→「星空に誓う」
最後は誤字でしょうが、上2つはどうでしょう。
個人的にはサウンドモードの名前のほうが雰囲気がある気がしますが。
といっても「丘の上で」は1回だけなんですけどね。

千波に、EternalHeartのサウンドモードでも「星降る夜」はそのままになっていたりします。

BGMと共に想い出の名場面を振り返る。そんな感じで編集をしましたが、プレイした人はどの場面のBGMが想い出に残っているでしょうか。
僕は共通シナリオの「同じ星に生まれて」「ふたりの未来」「「Eternal recurrence(Arrange)」の3つの場面が特に印象に残っています。全て共通シナリオなのは、初見(初聴?)でインパクトが大きかったからですね。

そして、今回再プレイして、BGMの演出で上手いなぁと思った場面をを上げたいと思います。
一つ目は「真夜中の展望台」
展望台でのメアとの場面のBGMは、当初は「まつろわぬ少女」「水面の月」「迷い星」と不穏な曲が多かったのですが、7月18日以降はこの曲が使用されるようになります。
では切り替わるタイミングは何だったのか、というと、7月17日にメアに天クルの入部届を渡しているんですが、ここで、メアと天クルでも一緒にいたい、と言ったことで、洋とメアの距離が一つ縮まった、ということではないでしょうか。それがBGMの変化としても現れている、と。
二つ目は「星の夢(orgel)」「星の夢(Arrange)」
千波シナリオでレンに悪夢を刈り取られた千波が目覚める時のBGMは「星の夢(orgel)」そして、千波が詩乃から手渡されたオルゴールを鳴らすとBGMが「星の夢(Arrange)」に変わり、詩乃は涙を流す千波を始めて抱きしめます。
ここはもう言葉で説明しきれないのでぜひ自分でプレイして確認して欲しいです。
この辺は、BGMを上手く使って演出しているなぁ、と思いました。

さて、最後に個人的に好きなBGMですが、もちろん主題歌アレンジがどれも神がかっていて素敵なので好きなのですが、それは当たり前なので、ここは別の曲を挙げたいと思います。
「秋黴雨」です。
これはもう感覚的なことなので、言葉で説明できないのですが、BGMに集中して再プレイする中であ、自分はこの曲が好きだ。と思ったのがこの曲でした。

ということで、今年の七夕記念動画「星空のメモリア BGM使用回数ランキング」でした。
2011年から始めたこの七夕記念動画、これで4年続けることができました。
来年はどうなるか?流れる星に願いましょう。


星空のメモリア サウンドコレクション星空のメモリア サウンドコレクション
(2009/04/29)
ゲーム・ミュージック

商品詳細を見る
関連記事

| FAVORITE(フェイバリット) | 07:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorane880.blog47.fc2.com/tb.php/762-badce64e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT