ハヤのそらね

きっと、その光は手に入る。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地球観測センター春の一般公開に行ってきた


地球観測センター春の一般公開のお知らせ

埼玉県比企郡鳩山町の地球観測センターの春の一般公開に行ってきました。

東武東上線高坂駅から無料送迎バスに乗り20分、新興住宅地を抜け、山の中へ。
10:40 地球観測センターに到着。
2015051600001

まずは展示室の11時から陸域観測技術衛星「だいち2号」の講演を聞きました。
時間は30分。「だいち」「だいち2号」の解説と最新の観測成果について。
2015051600002

展示室には「だいち」を始めとする歴代の観測衛星について展示されています。

展示室内の資料スペースにはなんとあの「現代萌衛星図鑑」までも並んでいてさすがにこれは笑いました。さらにそこに居合わせた人が手にとって「きく7号で泣いた」と語っていてさらに驚きました。
2015051600003


この一般公開は先月行ったつくば宇宙センターの特別公開に比べるとこじんまりとしたものでつくばが宇宙テーマパークだとすればこちらは学園祭といった感じでした。
もっともつくばのほうが異常に手が込んでいたのであって本来はこのレベルのほうが普通なのだと思います。

つくばにあった食堂やコンビニのケータリングがありましたが、こちらでは地域の方が作ったお弁当などの物産を売っていました。

鳩山町のゆるキャラ、はーとん
2015051600004

施設内で見ることが出来るアンテナは2つ。
第4受信アンテナ
2015051600005

手前の樹はソメイヨシノ。春には桜の背景に聳えるアンテナが見られるようです。

第3受信アンテナ
2015051600006

手前の広場では催しとして気球を飛ばしていました。

見ての通り、本当に山の中の施設ですので、ヘビ(マムシ)に注意するよう案内されていました。
2015051600007

施設内には「だいち2号」の観測の成果を示したパネルが多数展示されており、つい最近のネパールの地震、箱根の地殻変動の観測なども展示されていました。
2015051600008

他の催しとしてはやはり子どもをターゲットにしたものが多く、つくばほど大々的にではなく、近隣の家族連れらしき人の姿が多かったかと思います。
それでも、つくばとはまた違った宇宙の仕事の現場を見ることができました。





おまけ

コロせんせーと行く宇宙開発の現場
2015051600009
関連記事

| | 22:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

きく7号は「おりひめ」と「ひこぼし」!少しずつですが現代萌衛星図鑑読んでますよ。こんな素敵な本を紹介していただきありがとうございます!

| けy | 2015/05/16 23:41 | URL |

Re: タイトルなし

> けyさん
コメントありがとうございます。
お薦めした本も手にとっていただき、ありがとうございます。
ただ技術的な知識を得るより、物語として読むとより親しみが持てますよね。
本当に良い本だと思います。

| ハヤ | 2015/05/17 20:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sorane880.blog47.fc2.com/tb.php/981-6cc29fbf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT